悪臭以外の水道トラブルも水道救急センターが解決してくれます

水道救急センターの強みは緊急時の迅速な対応

悪臭だけではない~意外と多い水道トラブル~

男性と女性

悪臭以外にも水道トラブルは意外と多いもの。水道救急センターが対処可能なトラブル例を見ていきましょう。いざという時に困らないよう、準備をしておきましょう。

水道トラブルの代表例

排水のつまり
キッチンのシンク汚れが蓄積すると、流れにくくなったり詰まってしまったりするリスクがあります。サビや劣化でも悪化するため、定期的なメンテナンスが必要です。手の届く所の汚れはきれいにお掃除すれば良く、奥まった部分のパイプ汚れは専用洗剤で溶かします。地下の排水管まで詰まってしまうとリフォームレベルの改修が必要となり、高額な費用がかかります。悪化する前のメンテナンスを意識しつつ、大きなトラブルを防いでください。
水漏れトラブル
キッチンの蛇口からポタポタ水が出続けて、締まりが悪くなるトラブルがあります。パッキンなど蛇口の部品劣化が原因なので交換すれば直りますが、ぴったりの部品を探すのに苦労します。水とお湯を切り替えて使うものだとより難易度が高くなるため、業者に依頼すると安心です。キッチンの蛇口は使用頻度が高いため比較的傷みやすく、数年ごとの交換が必要とされます。放置すると水道料金がかさんでしまうので、早めの対処を意識しましょう。
トイレのトラブル
お手洗いの水漏れや詰まりは、水回りトラブルの代表格です。すぐに対処しないと汚水があふれてお部屋を汚してしまうので、早急に業者へ連絡しましょう。到着を待つ間に止水栓を閉じておくと、水が流れ続けることはありません。どこに止水栓があるか確認しておくと、トラブルが起こっても安心です。メーカー指定の使い方をよく調べて正しく使用していると、詰まりリスクを防止できます。トイレットペーパー以外のものを流したり水量を少なく調整したりすると壊れやすいので気をつけましょう。

住宅形状別に見る被害事例

一戸建て住宅
住まいを買って何十年か経つと、壁や屋根から水漏れするトラブルが起こりえます。放置すると資材が傷んでしまって、カビや黒ずみの原因となります。雨漏りなどが原因なら、すぐに業者に連絡しましょう。腐った木材を放置したためにシロアリなど害虫が繁殖して、基盤が傷むと大変です。構造上の問題を放置してしまうと、どんどん劣化が進んでいきます。トラブル箇所を補修した後にクリーニング、壁紙の張り替えや除菌を進めてください。
アパートやマンション
アパートやマンションなど賃貸物件で雨漏りが気になるときは、大家さんに連絡します。通常使用の範囲内なら大家さんが修理費用を負担して、しっかり直してくれるはずです。連絡しないで放置すると、トラブルが広がるケースがあります。大事になってはじめて連絡した場合、すぐに連絡しなかった責任を問われると面倒です。周りのお部屋にまで被害が出ると、ご近所さんにも影響します。ちょっとしたことでもまず相談、持ち主の判断を仰ぎましょう。

保険を確認する

水災補償に注意
火災保険の補償範囲に水漏れ事故が含まれますが、対象外とされる内容もあります。建物にもともと付随する水道管や排水管、雨樋などにトラブルが出た場合が対象です。水道が凍結して破裂した、急騰ボイラーが故障して取り替えが必要などのケースは補償される見込みがあります。洗濯機のホースが外れて水浸しになった場合などは、後付け設備とみなされて対象外となってしまいます。雨漏りなどのトラブルも対象外とされるため気をつけましょう。建物の老朽化は事前に予測できる範囲とされるため、自己責任でのトラブル防止が責務とされます。
補償内容を事前に確認しておく
水災保険、と書いてあると水漏れトラブル全てが対象になるように感じますが、商品によって対象範囲が変わってきます。どの程度まで保険でまかなえるか確認するためにも、基本補償内容の説明を受けましょう。とくに、水漏れや雨漏りについての扱いは丁寧に確認したいところです。補償に入らない部分は自己責任とされるため、メンテナンスを徹底しましょう。補償内容が足りないようなら家財保険など、プラスの保険商品を検討するのも一案です。トラブルが起きてから後悔しても、自己負担となってしまいます。マイホームを手に入れたら、万が一の事故が起きたときの対応まで意識しましょう。

水道トラブルを未然に防ぐための定期点検

軍手

大規模な水道トラブルは、定期点検で予防できます。賢い主婦なら知っておきたいメンテナンスのポイントを考えてみましょう。

定期点検を行なう

家を建てたりリフォームしたりすると、定期点検の案内が届きます。年単位で設備に不具合が起きていないか確認するのが通常で、必要な補修をしていきます。補修作業をする場合にはまとまったお金が必要となり、毛嫌いする方もいるかもしれません。業者の押し売りのように感じて、メンテナンスの案内を放置する家庭もあるでしょう。お金がかかり続けることに抵抗を感じる気持ちもありますが、大きなトラブルを防ぐための経費です。定期点検をしっかり受けて、安心できる住まい環境を維持しましょう。

賢いママさんからのワンポイントアドバイス

水回りの補修が必要になった機会に、再発防止策を聞きましょう。どのようなメンテナンスをしていけば大きなダメージを防止できるか知っておくと安心できます。我が家の場合はお風呂の排水管が詰まったときにお掃除の仕方を聞きました。お掃除方法を見直すだけでもトラブル防止に役立つもので、アフターフォローの対応で業者の善し悪しが分かります。水道救急センターのように丁寧なアドバイスをしてくれると信用でき、長くおつきあいできる相手と考えています。

TOPボタン